0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ITEMS

[REDWING 9879]  IRISH SETTER 6" MOC / VIBRAM LUG SOLE

¥47,190 税込
[REDWING 9879]

IIRISH SETTER 6" MOC / VIBRAM LUG SOLE
アイリッシュセッター 6インチモック/ ビブラム・ラグソール

レザー/ ゴールドラセット「セコイア」
ソール/ ビブラム・ラグユニット
製法 / オールアラウンド・グッドイヤーウエルト
ラスト(木型) / 23番
Made in USA

※実際の商品のお色、サイズに若干の違いがある場合がございますのでご了承下さい。
※当サイトの商品は、実店舗と共有しておりますので、実店舗で売れた商品が直ぐに反映されない場合がまれに生じます。
予めご了承くださいます様お願いいたします。
関連カテゴリ
SIZE
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【 ABOUT IRISH SETTER 6" MOC 】

 レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールをワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し発売しました。8インチ丈のブーツ#877です。
このブーツは発売と同時に大成功を収め、数年で様々なバリエーションが広がりました。6インチ丈の#875もそのひとつです。これらのブーツを中心とする商品群は、共通して使われていたレザーの色が猟犬アイリッシュセッターの毛並みを想わせたため「アイリッシュセッター」と名付けられました。
 特にモカシンタイプのつま先(モックトゥ)を持つブーツは、そのつま先形状からくる履きやすさに加えて、どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいトラクショントレッド・ソール、さらに良質なレザーや堅牢なつくりがもたらす機能性と耐久性で、ハンター達だけでなくワーカー達に絶大な支持を得て、アメリカを代表するワークブーツとして知られるようになりました。

アメリカを代表するワークブーツというイメージの強いアイリッシュ・セッターも、1950年代の登場の際にはハンティングブーツという位置づけでした。1960?70年代は、アイリッシュ・セッターのアウトドア志向が一番強かった時期です。ラインナップにはアウトドアに適した機能を高めたブーツが増えていました。ビブラム社のラグソールがレッド・ウィングに初めて使われたのは、こうした背景に沿ってのことでした。1961年に発売されたラウンド・トゥの8インチブーツ 「アイリッシュセッター #899」 です。それに続き、様々なアイリッシュセッターにビブラム・ラグソールが使われ、そのいくつかは1990年代後半まで存在し日本市場でも販売されました。
 レッド・ウィング社がアイリッシュセッターのために採用し、その商品ラインに不可欠なソールとして存在し続けてきたビブラム・ラグソールを今回、6インチ・モックトゥのアイリッシュ・セッターに組み合わせました。